【オスグッドには後遺症がある?放置は危険!手術の可能性も!?】 京都市左京区のスポーツ障害の整骨院と言えばたかはし鍼灸接骨院

オスグッドの後遺症とは?

今回は、YouTubeからも質問いただいている、オスグッドの後遺症についてお話していきます。

オスグッドの後遺症と言えば、一番わかりやすいのは、骨の出っ張り。

成長期の骨が柔らかい時に、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)に引っ張られて、出っ張ってしまったお皿の下の部分ですね。

残念ながら、この骨の出っ張り自体は、元に戻ることはありません。

手術をして削り取るなら可能ですが、リスクもありますので、そこまでして出っ張りをなくしたいかどうかをお医者さんと相談してもらうのがいいですね。

お医者さんも、日常生活に支障がなければ、手術までは…とおっしゃる方が多いと思います。

膝の痛みはオスグッドの後遺症?

骨の出っ張りの他に、相談が多いのは、膝の痛み。

成長期も終わってるのに、動くと膝が痛くなる、というお悩み。

「オスグッドは子どもの頃だけじゃないの!?」と

大人になってからも、膝の痛みに悩まされていると相談をいただきます。

これ、、、正確にはオスグッドじゃないんですよね。

かといって、オスグッドと無関係かと言われると、ガッツリ関係もしている。

実はこれ、、、

子どもの頃に、オスグッドになってしまった時の、【治療の方針】によるものなんですよ。

誤解を恐れずに言うと、『子どもの頃のオスグッドが完治してなかった』ということですね。

大人になってからオスグッドの再発?

オスグッドが再発したと考えていただいて大丈夫です。

ただ、病院で診断を受けると、オスグッドとは言われないと思います。

どういうことやねんってね…笑

先ほどにも説明したように、子どもの頃になってしまった、オスグッドが完治していなくて、それが、大人になって運動をした時に再発したんですね。

オスグッドというのは、軟骨が引っ張られて変形するもの。

大人になると、軟骨も骨形成ができているので、骨が変形するまではならないです。

でも、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)がお皿の下の部分を引っ張り続けていれば、その部分で炎症を起こしてしまいます。

子どもの頃は骨が変形しますが、大人になると骨は変形せずに、炎症を起こすだけになります。

状態としては、同じ状態でも、骨が変形するかしないかで、診断名は変わってしまい、大人ではオスグッドとは言われなくなります。

大人オスグッドの治し方は?大きな落とし穴とは?

一般的には、子どもの頃のオスグッドの治療方法と同じです。

お皿の下の痛みや炎症を抑えて、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を柔らかくする。

で、結局、この治療方法を行ってきて、治ったと思ってたのに、大人になってから再発してるんですよね。

だから、この治療方法を続けていても、そのうちまた再発します。

しかも、再発するたびに悪化していき、最悪変形性の膝関節症なども併発して、杖→車椅子→寝たきり… なんてことにもなりかねません。

オスグッドは、痛みの出ている膝の治療や、その原因になっている大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を柔らかくすることだけでは、完治しきらないのです。

オスグッドをくり返さないように完治させる方法とは?

オスグッドになる理由を見つけて、その理由から解決する必要があります。

痛みからスタートして、どんどん遡っていきます。

なぜ膝の痛みがでる?↓

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)に引っ張られる↓

なぜ大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)に引っ張られる?

筋肉が固くなっているから

なぜ筋肉は固くなる?

負担がかかっているから

なぜ負担がかかる?↓

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を使っているから

自分では気づいていないでしょうけど、普段の生活習慣、歩く、走る、階段、立ち座り、スポーツをする動作において、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)に頼っているんですよね。

もちろん、人によって、どの動きが一番の原因になっているのか?は変わります。

ただ、運動した時に痛くなるのであれば、運動の動きの中に原因があるでしょうし、階段で痛くなるのであれば、階段昇降の動きの中に原因があります。

歩くのですら痛い方は、歩き方に原因があるんですよね。

だからそこに負担がかかって固くなって痛くなる。

この真の原因を見つけてあげないと、オスグッドは本当の意味で治ったとは言えません。

「痛みがおさまっているだけ」の状態ですね。

だから、大人になってからでも、負担がかかってしまうと、膝が痛くなってしまうんです。

子どもの頃と、大人になってからは診断名が変わってしまうので、気が付きにくいのが厄介ですが…

オスグッドは、オスグッドだけを治療していると、完治しません。再発します。

オスグッドになる理由を解決することが、完治への一番の近道であり、再発を防止する唯一の治療方法になります。

オスグッドになってしまったら…

ですので、オスグッドになってしまったら、なぜオスグッドになったのか?から考えてみてください。

痛みや筋肉の固さだけに囚われてしまうと、治りません。

しかも、残念ながら、、、

整形外科や整骨院などの医療機関では、痛みを治療対象にしている場合がほとんどです。

(だからこそ、再発したり、治らなかったり、大人になって後遺症だとか言われたりする方が多いんですけどね…)

再発させずに完治させて、大人になってまで悩まされないようにしたいのであれば…

オスグッドになってしまった理由から解決してもらえる先生を探してくださいね。

もし、お近くに信頼できる先生がいなかったら、僕に相談してください。

直接、通えないくらい遠いところにお住まいの方でも、大丈夫です。

実際に、福島県や茨城県、福岡県、東京都、北海道、オーストラリアやドイツの方の治療も行っています。

詳しくは個トレオンラインのページをご覧いただければと思います。

オスグッドは自分で治せます!

その治し方を知りたい方は、お気軽にご相談ください!

© 2021 たかはし鍼灸接骨院 Powered by AFFINGER5