【あなたのチーム・部活は大丈夫?】京都市左京区出町柳の整骨院と言えば、たかはし鍼灸接骨院

【あなたのチーム・部活は大丈夫?】

この話、一例とかじゃなくて、結構な数があります。

本当に日本のスポーツ環境は異常だな…と思わざるを得ない状況。

あなたのチームや部活は大丈夫ですか?

ある部活をしている学生さんが来られました。

3〜4ヶ月痛みが治らないようです。

整形も3件、整骨院、鍼灸院、カイロにも通ったけど、良くならず。

原因も不明。

徐々に酷くなり、歩くのも痛い。

部活の別メニューをしてても、痛むから、練習はほぼ見学。

でもそれだと、チームのみんなに申し訳ないから、マネージャーのお手伝いをする。

それでも、歩くと痛いくらいだから、やっぱり痛い。

今後のことも考えると、やはり早く治したい!と考え、

1時間以上かかるウチに相談に来てくれました。

詳しくお話を聞かせてもらうと、痛くなり始めは、時間の問題かなと思い、

あまり酷くなかったこともあり、無理して練習に参加してたようです。

で、酷くなってきたので、見学や別メニュー。

それでも痛くなってきたから、整形に受診。

原因不明。

でも痛い…

部の練習に参加しても、出来ることがないから、

治療やリハビリに通おうとすると、顧問から、

「チームの士気にも関わるから出来るだけ参加して。今の状態でも出来ることはあるやろうし」

そのうち、チームメイトから

「いつ治るの?」

「休みたいだけちゃうの?」

「いーなー、キツイことしなくていいし」

という言葉を投げられる。

この選手だけじゃなくて、本当に色んな年代、色んな部活・チームで聞きます。

今までトレーナーとして所属していたチームの子でも、

チームメイトに言われてるのを直接見た事もあるくらい。

原因不明がまた厄介で、診断名がつくと、不思議とみんなは納得する。

でも原因不明だと、気のせいとかサボりたいだけとか言う。

選手自身が1番辛いのに!!!!

痛みが出てるのに、無理をさせる。

治療したいと言っても、部活を休めない。

チームメイトからサボりと疑われる。

目の前の一緒に頑張ってきた仲間よりも、見たことも会ったこともないお医者さんの原因不明という言葉だけを切り取って、

都合の良いように解釈する。

顧問の先生、チームメイトの方達は、今まで一緒に頑張ってきた、

その選手の事を信頼できてると言えないでしょ。

顧問と選手、選手同士で信頼関係もないのに、

「チームの士気が…」とか言ってる場合ちゃうで!

それに、、、

「休めていーなー」とか

「いつまでサボってる?」とか言ってくるチームメイト。

そう言うなら、休んだらいいし、サボったらいいんじゃない?

自分がやりたいからやってる部活でしょ?

やりたくなければ、やらなければいい。

特に今の時代、強制はされないだろうから。

まぁ子どもたちの問題もあるけど、

そういう事を言わせてしまうような環境になってしまってるって時点で、

周りの大人の環境づくりの結果なんでしょうけどね。

色んなところで、似た話を聞くので、日本全体がそんな感じなんかな。

残念過ぎる。

もちろん、そうでない顧問の先生、監督さん、コーチ、トレーナーもいらっしゃいます。

それに、顧問の先生方の大変さも全く知らないわけじゃありません。

とてつもなく大変な仕事です。

でも、やった事があるわけじゃないので、全ては分かりません。

でも、顧問の先生も、その悩んでいる選手でもない。

全てのパターンに当てはまる対応策なんてないんですよ!

その時、その瞬間に何が1番なのか?を考える。考え続けるってことをしないといけない。

本当に、今その選手がしないといけない事は、

見学ですか?

痛みを我慢しての別メニューですか?

それが、その選手のため。

それが、チームのためになりますか?

そうなるのであれば、それでもいいと思います。

その瞬間に、本気で考えて出した答えなら、選手も納得してるなら、いいと思います。

でも、そうじゃなかったら…

ちなみに顧問って立場の話でしたが、

もちろん、コーチの立場でも、親御さんの立場でも、

もちろん治療家やトレーナーの立場でも同じです。

© 2021 たかはし鍼灸接骨院 Powered by AFFINGER5